たった四杯で

アメリカが飲ませに来たる上喜撰 たった四杯で夜も寝られず
吉田松陰 燕都流言録

泰平の眠りをさます上喜撰 たつた四杯で夜も眠れず – 狂歌

上喜撰は宇治の高級茶で本来の銘柄名は喜撰、その上等なものを上喜撰、あるいは正喜撰と呼んだ。喜撰は六歌仙の一人、歌人の喜撰法師に由来する。

四杯も飲むと夜眠れなくなることと、1853年ペリーが蒸気船である黒船他計4船で来航したのを掛けた狂歌。幕府の狼狽ぶりを皮肉った。

 皮肉にも笑い事にもならない出来事ではあるが、
四の数字が水蒸気を上げた福島の某施設の数と一致し、世界が狼狽している。
  

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。